Google Analyticsのacessa.meスパマーを発見!

ここ最近、ずっと不思議に感じていた事がありました。

サーバー上のファイルをすべて消しているはずのサイトにGooogle Analytic上でアクセスの記録があるのです。

※Google Analyticsのアカウントは残していました。

 

これがそのアナリティクスのレポート↓

 

そのアクセス元は「acessa.me」↓

 

 

これが何なのか日本語で検索しても一向に出てこなかったため、英語で検索すると結構出てきました。

 

まず、これはGoogle Analytics Spammerと呼ばれるGoogle Analyticsのスパムらしいです。

 

Acessa.me – The newest Google Analytics Spammer

http://delmarvawebsitedeveloper.com/internet-marketing/acessa-me-google-analytics-spam/

 

翻訳は得意ではないですが、ちょっとがんばってやってみます。

※かなり噛み砕いて翻訳しています。

新しいGoogle Analyticスパマーが私たちのアクセス解析レポートを攻撃しているようだ。

Accessa.meはGolbnet.com と Trafficfaker.comから取得したリンクを利用して私の沢山のサイトの参照元を偽造している。

 

ところで、トラフィックの参照元の偽造って何?という話だが、これはGoogle Analyticsの参照元を偽造する事により、その参照元に興味を持ったあなた(ウェブマスター)を彼らのサイトに誘惑しようとするのだ。

 

私の場合は、このスパムはレポート内に外国為替のページを普及させていた。

偽造されたトラフィックが入っているのなら、マルウェアをばらまく可能性もでてくる。

もし、あなたが注意深くGoogle Analyticsの参照元のデータを見ると、accessa.meをレポートから排除したいと思うだろう。

それはGoogle Analytics advanced segmentsを利用すれば可能だ。

 

 

それでも、まだアクセス解析スパムが分からない人のために、アクセス解析のスパムについて解説が2008年の「Web担当者Form」に載っていました。

 

大問題の予兆? Google Analyticsのアクセス解析に対するスパム攻撃

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2008/07/16/3593

 

 

最後に、Googleのヘルプフォーラムで議論されていた質問を掲載。

 

自動生成されたビジターwww.acessa.me/ForexMarketが、他のユーザーのデータがアナリティクスに表示されるのを防いでいます。


www.acessa.me/ForexMarkeを自分のアナリティクスから除外する方法が分からない。自動化されたビジターが定期的に訪れていて、他の地域からのユーザーのすべての情報をブロックしているようだ。

 

私のダッシュボードはそのユーザーの情報しかない・・・。

 

恐ろしいですね・・・。

 

この問いに対して、沢山の人が自分のアクセスレポートにもこのスパマーが表示されている、自分の場合はそこまで悪くないがスパマーが訪問している、などと意見が交わされています。

 

私も他のサイトのレポートを見ると、半分くらいのサイトにこのacessa.meスパマーが入っていました・・・。

 

あと、www.tinyurl.comという参照元も同じものですよね・・・。

困ります・・・。

 

その他スパムだと思われる参照元:

www.thebesthosting.org / referral
fragmentadora-de-papel.golbnet.com / referral
livros-e-revistas.golbnet.com / referral
www.computador.golbnet.com / referral
www.toma.ai/6pf / referral
www.br4.in/ForexMarket