アナリティクスのキーワード「Not Provided」って?

アナリティクスを確認していると、最近キーワードの検索結果に「not provided」というものが上位にランクインしてきました。

これは一体なんなのだ?

とずっと思っと思っていたのですが、正体が分かりました!

 

なんでも2011年にGoogleがGoogleにログインしたユーザーのブラウザとWEBサーバ間を暗号化でをセキュア化したため、Googleにログインしているユーザーの検索キーワードを取得できなくなったようです。

なのでGoogleにログインしているユーザーが増えれば増えるほどこの割合は増して情報が取得できなくなるという事なのでしょう…。

それはちょっと困りますが、かくゆう私も常にGoogleにログインしているため私の検索キーワードの情報は暗号化されデータとして所得されていないということなのですね…。

 

参照:SEOには欠かせない「キーワード」解析のしくみ[第26回]

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2012/10/11/13852